准看護学生の頃の話